【熊本県立大学】11月24日(日)防災・減災シンポジウム開催のお知らせ

 

 

熊本県立大学防災・減災シンポジウム

「大規模災害の経験を活かす防災・減災のまちづくり」を開催します

 

1 趣 旨

 

熊本県においても、昨年、阿蘇市を中心に大きな災害に見舞われ、災害に対する関心が高まってきています。また、最近、南海トラフ大地震についても衝撃的な被害予測が伝えられたところです。大規模災害に行政の力だけで立ち向かうことは、ほとんど不可能です。防災・減災のまちづくりにおいて、地域の力を結集することの重要性が、かつてなく強調されるようになってきました。今回のシンポジウムは、災害に立ち向かう「地域の力」の意味や自衛隊、地方自治体、さらには大学の役割などについて、掘り下げて考える場とすることを目指しています。

 

2 主 催  熊本県立大学

 

3 企 画  総合管理学部 明石研究室 教授 明石 照久

 

4 日 時  平成25年11月24日(日) 14:00~17:00

 

5 会 場  熊本県立大学 大ホール(熊本市東区月出3丁目1-100)

 

6 プログラム

   第1部 事例報告「大規模災害(震災)への備え」

     陸上自衛隊九州補給処長 陸将補  川﨑 朗

    「阪神淡路大震災を経験して」NPO法人神戸まちづくり研究所 事務局長 野崎 隆一

   第2部 パネルディスカッション

     コーディネーター 明石 照久(熊本県立大学総合管理学部 教授)

     パネリスト 川﨑 朗(陸上自衛隊九州補給処長 陸将補)
     野崎 隆一(NPO法人神戸まちづくり研究所 事務局長)
     井芹 護利(熊本県知事公室危機管理防災課 審議員)
     上拂 耕生(熊本県立大学総合管理学部 准教授)

 

7 対 象  防災関係者、自治体関係者、一般市民、学生

 

8 定 員  350人程度

 

9 受講料  無料

 

10 申込方法
「参加申込書(Wordファイル46KB) (PDFファイル128KB)」により、熊本県立大学地域連携・研究推進センターにメール又はFAXで申込みください。

 ※受付完了の返信はいたしません。

E-mail:renkei-c@pu-kumamoto.ac.jp

FAX:096-387-2987

 

11 申込期限  平成25年11月20日(水)

 

12 お願い  駐車場に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

 

お車でおいでの際もできるだけ乗り合わせでおいでいただきますようお願いします。

(バス:市営バス・熊本都市バス「県立大通り」または「日赤病院前」バス停下車)

 

コメントは受け付けていません。