共催:12/4 「女性研究者研究活動支援事業(拠点型)」シンポジウムの開催について

2014年12月4日
1:30 PMto5:00 PM

 

大学コンソーシアム熊本が共催しております、「「女性研究者研究活動支援事業(拠点型)」シンポジウム」のご案内です。

 

————————————————–

 

 

 

                            平成26年11月6日

 

                           副学長(男女共同参画担当)

                                山 縣  ゆ り 子

 

 

 

  『「女性研究者研究活動支援事業(拠点型)」シンポジウム』   の開催について(通知)

 

 

  日頃より男女共同参画推進について、ご理解・ご協力をいただきありがとうございます。

  さて、本学では、昨年、文部科学省の科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業(拠点型)」に採択されたことに伴い、大学コンソーシアム熊本と連携し、女性研究者の研究活動支援に係る取り組みを進めているところです。本事業では、特に、女性研究者の研究が、出産や育児・介護等のライフイベントにより、中断・遅滞することなくスムーズに遂行されるよう取り組みの普及を図ることを目的としており、事業に係る意識醸成を目的として標記シンポジウムを開催することといたしました。

 

  つきましては、参加を希望される方は、添付の様式に、11月20日(木)までに女性研究者研究活動支援事業(拠点型)事務室宛、メールにてお申し込みください。

(※先着順に受付けますので、なるべくお早めにお申し込みいただきますようお願いいたします。)

 

 

 

               記

 

1 日 時  平成26年12月4日(木)13:30~17:00

2 場 所  熊本大学くすの木会館レセプションルーム

        (熊本市中央区黒髪2丁目40番1号)

3 対 象  大学コンソーシアム熊本加盟機関の管理職・教職員・研究者・院生・学生及び一般

4 プログラム

 挨  拶(13:30~14:00)

 開会挨拶  熊本大学長 谷口 功

       来賓挨拶  文部科学省(予定)

       大学コンソーシアム熊本理事 崇城大学長 中山 峰男 氏

 

  特別講演Ⅰ(14:00~14:40)

    演 題:「キャリアとライフ~ダイバーシティの視点から」

    講 師: 立教大学理学部化学科 教授 大山 秀子 氏

 

  特別講演Ⅱ(14:40~15:20)

    演 題:「ダイバーシティが日本を救う!~多様な人材の活用を~」

    講 師:熊本県商工観光労働部商工労働局長 宮尾 千加子 氏

 

 

休   憩(15:20~15:30)

 

 

パネルディスカッション「大学におけるダイバーシティを考える」

                                 (15:30~16:50)

パネリスト: 幸田 亮一 氏 (熊本学園大学長)

             小野 友道 氏 (熊本保健科学大学長)

             中山 峰男 氏 (崇城大学長)

             中嶋 卓雄 氏 (東海大学九州キャンパス 学長補佐)

             山縣 ゆり子    (熊本大学副学長・男女共同参画推進室長)

 

  コメンテーター:大山 秀子 氏   (立教大学理学部化学科教授)

             宮尾 千加子 氏  (熊本県商工観光労働部商工労働局長)

 

  コーディネーター:河村 洋子 准教授

                   (熊本大学男女共同参画推進コーディネーター)

 

  閉会挨拶(16:50~17:00)

               熊本保健科学大学学長補佐 石原 義光 氏

                  (大学コンソーシアム熊本 女性研究者支援WG座長)

 

 

           <担当>

            女性研究者研究活動支援事業(拠点型)事務室 伊井

             電話 :096-342-3976(内線:3976)

             e-mail:kyoten@kumamoto-u.ac.jp

 

 

 

コメントは受け付けていません。